予報士によって予測は異なる

同じデータを目にしても、そこからどのように以後の予報を展開させていくかは、予報士さんがた個々の捉え方によって微妙に違ってくるようです。

たとえば雨雲の推移を検討して「にわか雨にご注意ください」とするか「一日中雲はとれませんが、雨の心配は要らないでしょう」とするかのような微妙な判断があります。

朝のニュース番組などではテレビ画面の上に各地の天気予報が出ますが、放送局によってお天気マークや降水確率、雨の降り出す時間、予想気温がいくらか違っていたりするのを見かけることがしばしばあります。

これもやはり各放送局で、それぞれの気象予報士が独自に予報を組み立てているから生じる差だといえるのではないでしょうか。視聴者としてはいったいどこの予報をアテにすれば良いのかと頭を悩ませつつ、最終的には自分に都合の良い予報に期待をかけてみたりして・・・。

予測をたてにくい天気図というものはあるようで、今後天候がどのように転ぶのか、予報士さんがたも頭を悩ませることは少なくないようです。