まずは気象学を理解することから

気象予報士試験のバイブル的存在で、最も有名な書籍といえば『一般気象学』が挙げられるでしょう。
これが理解できなうようでは、合格はかなり厳しいといいます。

ですが、素人にはかなり難解な内容になっているので、これから勉強を始める人が何の基礎知識もなしにいきなり理解できるようなレベルではありません。理解できてもいないのに根性で読み進めるというのは、試験前の貴重な時間を無駄にすることになってしまうでしょう。

そこで一般気象学に入る前に、まずは初心者向けの書籍なり参考書なりに手を付けて、気象学そのもののアウトラインを把握することから始めるのが良いのではないでしょうか。

まるで何も知らないという人は、子供向けの学習本からでも構わないと思います。要は基礎を理解することが目的なのですから、イラスト付きで、かつ噛み砕いた説明内容文は案外と重宝するかもしれませんよ。

まずは自分が気象という分野に対してどの程度のレベルにいるのかを考え、確実に活用できる書籍なり参考書を選ぶことです。