就職は予測困難?

気象予報士としてのスキルを活かせる仕事先といえば、お天気キャスターか民間の気象会社、気象予報官などが挙げられますが、現行的にはどこもなかなか厳しいようです。

お天気キャスターを務めるには民間の気象会社から派遣されるか、局アナとしてその局に就職するか、もしくは自ら予報業務許可を受けるかですが、民間の気象会社に就職したからといって必ずしもキャスターとして派遣されるとは限りませんし、局アナになったとしても同じことです。

ましてや自ら予報業務許可を受けたからといって、知名度もキャリアもないのに採用してもらえるほど甘くはありません。お天気キャスターとして活躍するのは、突出したキャラクターや強力なコネが必要条件なのかもしれませんね。

では民間の気象会社はどうかといえば、たしかに昨今は様々な分野で気象に関する情報の需要は増えつつありますが、それでも採用人員には限りがあります。

それに気象会社とはいっても、一企業となるともちろん気象予報ばかりが仕事ではありません。ほかの部署に回される可能性もじゅうぶんに考えられます。むしろ、経験の浅い人員ともなれば、その可能性のほうがはるかに高いかも知れませんね。