風の種類 その2

<モンスーン>
モンスーンとは季節風を意味するアラビア語に由来しており、季節によって(半年ごとに)風の吹く方角が変わります。雨をもたらすので、雨季のことを指したりもします。

<ダウンバースト>
積乱雲の底で発生した下降気流が爆発的に吹き降ろすことで、地表に衝突して吹き出す破壊的な風のことも含みます。

<フェーン現象>
湿った風が山を越えて吹き降りる際に気温が上昇し、乾いた風となる現象です。

<メイストーム>
その名の通り4月後半から5月にかけての春先に、日本海で発達した低気圧がもたらす台風並みの強風のことです。