成層圏とは

対流圏の上にある、高度約10km~50kmまでが成層圏です。

ここにはオゾン層があり、人間にとっての有害物質である紫外線を吸収してくれていますが、上層のオゾン層ほど濃度の高い紫外線を吸収することができ、この時に熱を発するため上層にいくほど気温の上昇率は高くなっていきます。

また、上層ほど空気密度が低くなっていることも気温の上昇率を高くする要因となっているでしょう。

成層圏の下層では対流圏を流れている偏西風の影響を受けて西風が吹いていますが、中層と上層では地上の気圧の変化に影響を受け、夏季は「成層圏偏東風」と呼ばれる東風が吹き、冬季では「成層圏偏西風」と呼ばれる西風が吹いています。