熱圏とは

熱圏は高度80km~1000kmに位置する大気圏最上の層で、これより先は宇宙空間へと繋がっています。

ここ熱圏では地球の重力の影響が稀薄となるために存在する分子の数は減少し、太陽放射エネルギー(紫外線)を吸収したときの熱伝導率が良くなります。そのため上層へ行くほど高温となるわけです。

したがって熱圏の温度はその時々に放射される紫外線の強さにも影響されるといえましょう。

また、紫外線を受けた大気が電子とイオンに分離して電離層を形成し、太陽から放射される電子やイオンがこの電離層にぶつかって放電し発光したものがオーロラ現象の正体です。