エルニーニョ現象とは

エルニーニョ現象とは、赤道付近の太平洋東部から南米のペルー沖にかけて数年に一度、海水温度が平均より上昇する現象のことです。

海水温度が上昇してなぜ困るのかというと、これに端を発して世界各地に冷夏、暖冬、多雨、少雨などの異常気象を誘発するからです。

なぜこのような現象が起こるのか、原因はいまだ完全には解明されていませんが、ウォーカー循環に関わりがあるとか、太平洋西部から中部にかけて吹く西風バースト(強い西風)が発生の引き金になっているのではないかなどの推測がなされています。

人間の手による地球環境の悪化も、もちろん取り沙汰されていますよね。

ちなみにエルニーニョとはスペイン語で男の子の意味で、この男の子とはキリストを指しているのだそうです。

エルニーニョは例年クリスマスの頃に発生し、現地ではこの時期が収穫期にあたるため、神の恵みへの感謝の気持ちということなのでしょう。

また、エルニーニョとは逆に、同じ海域において海水温度が平年より低下する現象をラニ―ニャ現象といい、エルニーニョの「男の子」に対して、こちらは「女の子」という意味です。