亜熱帯収束帯とは

熱帯収束帯とは、ハドレー循環に伴って赤道付近に生じる低気圧地帯のことで、太平洋の上空には東西に繋がる細く長い帯状の雲が形成されています。

熱帯収束帯のある場所では大気が不安定なため積乱雲が発達しやすく、降水量も多いので湿潤気候が続きます。

ところが太陽の位置の移動に合わせてこちらの収束帯も夏季には北半球寄りに、冬季には南半球寄りに移動する性質があるため、季節によって熱帯収束帯が遠ざかる地域では乾期の訪れがあり、夏季に熱帯収束帯域に入るところでは冬季に乾期が訪れるサバナ気候となります。

別名「赤道収束帯」とも呼ばれ、台風が発生するところでもあります。