低気圧と高気圧とは

低気圧とは、読んで字のごとく気圧の低いところで、高気圧とは気圧の高いところのことを指します。

気圧とは空気の圧力のことで、地球全体を通してみると空気の層は均一ではありません。したがって空気の層の厚くなっているところを高気圧、空気の層が高気圧帯に比べて薄くなっているところを低気圧と区別するわけです。

高気圧帯では下降気流(空気が降りてくる)となっており湿度は低く、一般的に天気は良くなります。逆に気圧の低い場所では空気は上昇気流とって上空へ立ち上り、上空では空気に含まれる水蒸気が冷やされて雲を形成するので天気は良くありません。

低気圧=天気が悪いから転じて、機嫌の悪い人のことも「低気圧」なんて言いますよね。高気圧と低気圧はたいてい互い違いのようになっているので、低気圧のところを地形になぞらえて「気圧の谷」とも言います。

ちなみに「等圧線」とは気圧が等しい地点を線で結んだもので、気圧の差が大きい時には等圧線の間隔は狭く、気圧の差が小さい時には間隔が広くなっています。