温帯低気圧とは

温帯低気圧とは、30°~60°付近の中緯度で北からの冷たい空気(寒気)と南からの温かい空気(暖気)がぶつかって出来る前線上で発生します。

温帯低気圧の中心から南東方向には「温暖前線」を、南西方向には「寒冷前線」を伴い、温暖前線のある場所では暖気が寒気の上へと這い上がり、寒冷前線のある場所では寒気が暖気の下へ潜り込むというような形で、寒気と暖気が重なろうとする時に発生するエネルギーを源としています。

中心に行くほど気圧が低くなっていますが、中心付近に限らず、前線上でも雨や風といった悪天候を招きます。

北半球では温暖前線は上層の偏西風に流され、西から東へと移動していきます。春の訪れを告げる「春一番」も、この温帯低気圧の仕業なのです。