熱的低気圧とは

熱的低気圧と熱帯低気圧、一文字違いでちょっとややこしいですね。でもこのふたつの低気圧には決定的な違いがあります。

熱帯低気圧が『赤道付近』の『海上』で発生するのに対し、熱的低気圧は日本などの『中緯度』でも発生しますし、熱帯低気圧に比べると小規模(局地的)なのです。

ですが一番の違いは何といっても熱的低気圧は「陸地」で発生する低気圧だということですね。

日本を例にとると発生場所は山間部や盆地などが特に多いようですが、強い日差しで陸が暖められて上昇気流が発生し、上空で低気圧が発生します。これが熱的低気圧です。

夏など、より高温で日差しの強い時期では大きな積乱雲を発生させ、夕立を降らせたりもします。また、低気圧ということで気圧の高いところから風が吹き込みやすくもなります。

夕立の前、いきなりもくもくと雨雲が湧き出してきたかと思ったら風が吹いてきた、などというのもこういった理由からなんですね。