温暖前線とは

前線とは、異なる性質を持ったふたつの空気がぶつかった時に生じる境界が地上と接している場所で、温暖前線は冷たい空気(寒気)のあるところに暖かい空気(暖気)が入りこんで生じる前線です。

暖かい空気は冷たい空気より軽いので、緩やかな坂をのぼるような感じで暖かい空気が冷たい空気の上に乗り上げ、ゆっくりと上昇していきます。

上昇した暖かい空気は広範囲に雨を降らせる乱層雲を形成するため、ある程度まとまった時間を弱い雨がしとしと降り続くようになります。

暖かい空気が冷たい空気の上に緩やかに乗り上げるということで、この前線には傾斜した前線面ができ、天気図上では線上に、かまぼこ型の半円が付いた記号で表わされます。