寒冷前線とは

寒冷前線の場合は、温暖前線とは逆に暖かい空気(暖気)のあるところに冷たく重い空気(寒気)が入りこんで生じる前線です。

暖かい空気に対しては冷たい空気のほうが重さがあるので上に乗り上げるようなことは出来ず、暖かい空気の下に潜り込むようにして入っていくと下から急激に押し上げてしまいます。

押し上げられた暖かい空気は上空で冷やされることになるわけですか、多分に水蒸気を含んでいるため積乱雲を形成し、短時間に激しい雨を降らせることになります。

この前線の境界面は丸く、天気図上では線上に、バラの棘のような三角形が付いた記号で表わされます。寒冷前線が通過するとともに風向きが変わり、冷たい風が流れ込んでくるので気温が下がります。