停滞前線とは

停滞前線は、暖かい空気と冷たい空気が接触したものの力関係が拮抗してしまい、ほとんど動けないでいる状態の前線のことです。前線がなかなか移動しないため、長期間にわたって雨が降り続いてしまいます。

梅雨や、秋雨といった俗にいう長雨は、この停滞前線が留まっていることによって生じる気象現象です。

接触したまま動かないとはいえ、軽いほうの暖かい空気が冷たい空気の上に乗り上げていることに変わりはないので、前線面は温暖前線と同様に傾斜しており、天気図上では線を境にして半円と三角形が上と下で互い違いにジグザグに付いているような記号で表わされます。