集中豪雨とは

大気の状態が不安定な時に発生し活発化した積乱雲は、集中豪雨をもたらすことがあります。まとまった雨を降らせる積乱雲ですが、その寿命は短く、せいぜい1時間といったところでしょう。

ところが地形などの影響から水蒸気が一定の狭い地域に集まってしまうと、積乱雲が同じ場所で次々と発生のサイクルを繰り返してしまい、激しい雨が何時間も継続して降り続けることになります。

梅雨前線や太平洋高気圧の縁、台風の周辺と言った場所では豊富な水蒸気を確保できることに加えて大気の状態も不安定なため、このような場合にも集中豪雨は発生します。

雨台風などと呼ばれる台風は、なるほど何時間も激しい雨を降らせ続けることがありますよね。

自然災害を招く恐れのある集中豪雨ですが、発生の要因が顕著なために予測は可能で、気象庁ではその予兆を捉え、発生する可能性のある地域や時間を絞り込んで警報を発令することができます。