雲ができるまで

雲とは、上空で水滴が塵などに付着したものです。海面などが太陽の熱で温められると水蒸気を含んだ暖かい空気が発生し、上昇気流となって空へのぼっていきます。

上空は気温(気圧)が低いので暖かい空気は断熱膨張(自己内部の熱で膨張すること)によって冷やされ、飽和状態となり、水蒸気は凝結を始めます。

この凝結した水蒸気が雲の基になる雲粒ですが、これだけではまだ雲にはなれません。雲粒は大気中に漂っている塵など(凝結核)に付着してようやく、ふだん我々が見慣れている雲の形を形成していきます。

ちなみに雲粒どうしが寄せ集まって密度が増すことで大きな水滴となり、大気中に浮かんでいられなくなるので地表に落下してきます。これが雨ですね。大気中の気温が低く、雲粒が氷の粒の場合には雪となります。