対流雲とは

比較的大気が不安定の時に発生する、塊状となった雲で、以下のようなものがあります。

積雲(別名 わた雲)
晴れた日によく見られる、むくむくとした綿菓子のような雲です。たいていは半日~1日程度で消えてしまいますが、気温が高い時にはさらに発達して積乱雲にとなることがあります。

積乱雲(別名 入道雲)
縦に厚い層を形成し、その雲頂は成層圏にまで達します。積雲が発達したものですが、成長の要因としては地上と上空の大気との気温の高低さが挙げられるでしょう。

入道雲というと夏の風物詩のような感もありますが、夏に多く発生するのは地上と上空の大気との温度差がもっとも顕著だからです。夕立を降らせるのはこの雲で、短時間に激しい雨が降り、雷を伴うこともあります。