降水過程とは

水蒸気を含んだ空気が上昇し、上空との気温差によって断熱膨張した結果、飽和状態を迎えて雲を形成し、さらに過飽和によって雨となりますが、この過程には拡散過程と併合過程の二通りがあります。

<拡散過程>
雲が形成される場所の大気の気温が氷点下にまでさがり、雲が過冷却水(0℃以下でも凍らない水滴)でできている場合、氷晶(微細な氷の結晶)の生成を促す氷晶核の存在により、氷晶が一定以上の大きさに成長すると浮遊しきれずに地上に落下してきます。

この落下過程で気温が0℃以上の場所を通過すると氷晶は融け始め、水滴(雨粒)となって落下していきます。これを「冷たい雨」と呼び、完全に融けきれていない場合には雪となります。日本で降る雨のほとんどが、こちらのパターンです。

<併合過程>
雲が形成される場所の大気の気温が0℃以上の場合です。凝結核を中心に雲が生成されていきますが、この時に一部の雲粒が他の雲粒を併合して大きくなり、重力に耐え切れず雨となって落下していきます。

こちらは大気の気温が氷点下以上の場合なので、冷たい雨に対して「暖かい雨」と呼ばれ、熱帯地方などでよく降るのがこのパターンです。