陸海風とは

陸は暖まりやすく冷えやすく、海は暖まりにくく冷えにくいという性質を持っています。そのようなわけで日中、太陽放射によって陸地の空気は海上の空気よりも早く暖まり、上昇気流となって上空へのぼっていきます。

上空では気温(気圧)が低いため、上昇した空気は断熱膨張によって冷却され、下降していきます。この時、陸地ではどのような現象が起こっているかといいますと、空気がどんどん上昇しているのですから、海上に比べて気圧が低くなります。

気圧は高いほうから低いほうへと流れていくので、つまりは海から陸に向かって風が吹くわけです。もちろん上空では海上より陸地のほうが気圧が高くなっていますから、冷却された空気は海上に向かって下降していきます。

このようにして海から風が吹いて循環していくことを海風といい、日没後の夜では放射冷却によって陸地のほうが海上より早く冷えますから、まったく逆の現象が起き、今度は陸から海へ向かって風が吹く(陸風)わけです。

ちなみに朝と夕方の陸風と海風が入れ替わる時間帯にはほとんど風が止み、これを凪(なぎ)といいます。